ホーム > ミルクルについて > 開発にあたって

「ミルクル」の開発にあたって

年々深刻化する地球環境問題。容器包装リサイクル法の施行。

各企業や自治体のISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)への感心と導入・また「循環型社会形成推進基本法」の一つとして制定されたグリーン購入法(環境物品調達推進法)も2001年4月から施行されています。

このような状況の中、企業にとってもその活動の根幹に環境問題を位置づけなければ存続さえも許されない状況にあると言っても過言ではありません。

消費者・行政・企業が三位一体になって取り組んでいかなければならない環境問題の中でも、大きな役割を果たしているのが地道な市民活動のリサイクル運動ではないでしょうか。

しかし、従来のリサイクル活動は回収活動にスポットがあてられ、最も重要といえる再利用、つまりリサイクルの出口の部分(商品化)への取り組みが置き去りの傾向にあったと思われます。

市民の手から生まれた「牛乳パックの回収、再利用」の運動が大きなムーブメントとして消費者の間に定着してきました。

そんな市民活動の力を背景に、回収された貴重な紙資源を新しいカタチにして『もう一度消費者へ』」そんな合い言葉のもとに開発されたのが、この環境完全配慮型製品「ミルクル」です。

「ミルクル」開発にあたって
ミルクうちわ・ミルクルサンバイザーのお問い合わせはこちら
ミルクルについてミルクルの特長開発にあたって環境問題について
トピックスはこちら
  大和板紙株式会社大丸紙工株式会社集めて使うリサイクル協会